看護師の実態

看護師の離職が高い原因

看護師の職場の実態は、かなり劣悪なところも多いみたいです。
残業が多くまた時間も長くなったり、夜勤などの回数も多くなり体力面でついていけなくなる人も多いみたいです。
そのために看護師の離職率は他の職業と比べると高いものになっているのです。
病院側も離職を防ぐためにいろいろな方策を立ててはいるのですが、なかなか離職を減少させる事は難しいものとなっているのが現状なのです。

 

離職する側の看護師の理由としては、結婚や出産というものが女性職場であるので多いのですがそれ以上に残業や夜勤などの勤務のきつさから離職していく人が多いのです。

 

特に若い人に取っては、残業や夜勤などにより疲れが常時残ってしまうような感じになってしまい、休日も自分のプライベートな楽しみに使う事が出来ずに寝てばかりという生活になり、食生活もコンビニ生活になっている人も多いみたいです。

 

これでは、健康面で体力的にも精神的にも参ってしまいます。
こういう事が重なれば、新卒者であっても離職する事が多くなってくるのです。
新卒の看護師の離職が多いのも、自分の時間が取れなく疲れがなかなかとれないからなのではないでしょうか。

 

看護師も一定の年齢なれば、残業や夜勤する事に体力も慣れてしまうこともありますがそれに見合った手当などが支給されていないのであれば、やはり離職という事になってしまうのです。

 

学生時代にとった資格もこういった環境の中で、離職を選択した場合には無駄なものになってしまうのです。
一度離職を決める前に他の病院でどうなのかを検討してみる事が必要だと思います。

 

一方で残業や夜勤などはあまり苦にならなくても、注射をするという行為や血を見るのが体質的に無理な人も看護師の中に入るのです。

 

そういう看護師においても、看護師を辞めずに働ける場所はあるのです。
注射なし」という条件での看護師の職場は、介護関係で多いと思います。

 

訪問介護では、患者さんの家にいって健康管理などをするものです。
病院と違って残業や夜勤という勤務ではなくて、日勤ということですので自分の健康面という点でもやっていける事が出来ると思います。

 

このような「注射なし」という条件で勤務先を自分で見つけるのは大変だと思います。
その場合には、看護師求人サイトというものを利用した方がいいと思います。

 

看護師求人サイトはインターネットで自分の希望条件や希望地を登録すれば、あとは看護師求人サイトの担当者が探してくれますので楽ですよ!